Get Adobe Flash Player

品質検査

CEP SolarはIEC 61215の標準とメーカーの内部報告コントロール及びあらゆる関連の生産(生産過程の中で専門家はずっと現場で操作すること)に基づいて、製造メーカーの所在地で品質検査を行ないます。検査を終了した後で、CEP Solarはデジタル写真で証明した詳しい資料付きの総合的な検査レポートを発表します。

CEP Solarの検測プロセスは検測の材質と部品、前期製造及び生産過程から完成品に至るまでの範囲を含んで、下記の作業をします:

  • 原材料と部品をチェックすること。
  • 保管と働く/環境の状況をチェックすること。
  • 生産の各ステップをコントロールすること。
  • IEC 61215標準に従って、完成品コンポーネントを導いて、目視検査を行います。
  • パネルの再フラッシュはパワーの出力が規定されたパワーと一致することを確保します。(公差範囲内)
  • 非破壊検査、例えば電気絶縁材料試験、ターミナルのロバスト性テスト及び機械の負荷テスト)。
  • 赤外線及びエレクトロルミネセンス.イメージングで可制限コンポーネントの効能或いは寿命の欠陥を確認すること。
  • 生産に対して材料を使って破壊検査を行うこと。例えば、EVA引張力、剥離強度テスト、ジェル含有量テスト。
  • 太陽電池のパッケージング状況と負荷の監視をコントロールすること。

検査計画:

360º PV検査 ™——高品質

これは、CEP Solarが提供する最も全面的な品質検査プロセスで、光電子パネルの品質保証の上で、可能な限りの最大の努力を提供します。この全面的な審査を採用して、最も普通の障害を見つけることができます。

検査計画の種類は必ず下記の内容を含まなければなりません:

  • 原材料とコンポーネント、保管と操作環境の状況、製造工程の各ステップ、パッケージングと負荷状況の全体の製造プロセス中で行なっている管理。
  • 100%の最終的な目視検査。
  • 100%の再フラッシュ、赤外線およびエレクトロルミネセンスイメージングのテスト。
  • ISO 2859標準によって単一のサンプリングを使って、(II正常レベル、許容基準:主要な2.5/副次的な4.0)の非破壊的な抜き取り検査。
  • 各ロットのEVAに対して或いはプロセスパラメータを調整する時に非破壊的な抜き取りテストを実施します。取引先の認可があるまたは取引先がテストを行なってもいいのコンポーネントしか破壊的な検査を実施することできません。

360º PV検査 ™——標準

この検査手順は、不合格なコンポーネントと最高の品質管理/効率向上を確保できます。統計標本抽出法を使われて、体積が大きな製品の高さに存在可能の欠陥でさえ識別できます。ISO 2859は国際標準化機構によって確立された国際的に認められた品質システムです。システムは数学の確率理論に基づいて、最も広く認識されている方法です。

検査計画の種類は必ず下記の内容を含まなければなりません:

  • 原材料とコンポーネント、保管と操作環境の状況、製造工程の各ステップ、パッケージングと負荷状況の全体の製造プロセス中で行なっている管理。
  • 100%の最終的な目視検査。
  • 独立したリフラッシュ、赤外線およびエレクトロルミネセンスイメージングのテストサンプリングは、標準のISO 2859に従い、シンプルプランのノーマルレベルII、AQLメジャー2.5/ マイナー4.0を利用してテストします。
  • ISO 2859標準によって単一のサンプリングを使って、(II正常レベル、許容基準:主要な2.5/副次的な4.0)の非破壊的な抜き取り検査。
  • 各ロットのEVAに対して或いはプロセスパラメータを調整する時に非破壊的な抜き取りテストを実施します。取引先の認可があるまたは取引先がテストを行なってもいいのコンポーネントしか破壊的な検査を実施することできません。